BLOG

ブログ

厳しい勝負の世界~新潟産大附×加茂暁星~

3回戦屈指の好カード

加茂暁星 対 産大付属の一戦は、期待通りの接戦となった。

白勢君と坪野内君の投げ合いは、

回に内野のボテボテのゴロの間に上げた加茂暁星の1点のリードのまま

終盤にもつれこむ。

産大附の坪野内君は、8回の裏に作ったツーアウト2・3塁のピンチも

加茂暁星4番の竹林君にカウント2-2からの勝負を

渾身の内角ストレートで凌ぎ、最後の攻撃にかける。

だが、加茂暁星の白勢君の球威は最後まで落ちることはなかった。

最後のバッターを内野フライに打ち取ると、

小さくガッツポーズ、熱戦をものにした。

点数は1点しか入らなかったが、

内容の濃い今大会ここまで一番のゲームだと思う。

 

勝者と敗者、厳しい勝負の世界。

 

自分の目から見たら、

ベスト4まで進み中越を最後まで苦しめた昨年を上回る力を

産大野球部は身につけていたように感じた。

相対の世界での勝ち負けは、加茂暁星にわずかに及ばず敗けはしたが、

着実に甲子園に近づいていると感じた。

歴史と伝統は、意味のある本当の負けの上に築かれていく。

来年の産大付属の活躍を期待したい。

 

勝った加茂暁星の選手諸君

苦しい試合の連続となるこのブロックを、自信を持って勝ち抜いて欲しい。

産大付属の選手の誇りのためにも・・・。