BLOG

ブログ

春の北信越大会 ~夏の前哨戦から見えたもの~

 春の北信越大会が閉幕した。

新潟県代表の三条高校は富山第一に敗れ、日本文理は敦賀気比に準決勝で敗れた。

春は、夏の甲子園予選のための重要な試金石であることは言うまでもない。

 文理は、例年ほどの圧倒的な強さを県大会でも見せることなく気比にも完敗した。

ただ、だからと言って今年の文理をくみしやすしと見るのは、違うと思う。

逆に、接戦の中で勝ち切るための大切な戦い方を学んだと考えるべきだ。

春に学びたいことの一つと考える。他チームの監督さんも、たぶん文理の今回の勝ち上がりには、

逆に警戒感を増しているに違いない。大味に楽に勝ってくれたほうがよかったのに・・・と。

三条高校をはじめ文理高校と接戦を演じた長岡大手、糸魚川も地力あるチームだ。

【県大会準優勝の三条高校ナイン】

姿がよく見えない中越高校や、

北越、監督が代わった明訓などの私立勢も虎視眈々と夏に照準を合わせてくるだろう。

 次回は夏に向けて選手諸君がどんな準備をしているかや、

優勝に向けた準備などについて皆さんにお伝えしたい。