BLOG

ブログ

無念の敗退も“つなぐ野球”健在!~日本文理×関東一~

残念でならない。

共に互角の試合は後半、試合経験に勝る関東一・谷君の力のあるストレートをとらえきれず、

逆に文理・長谷川君は、ここぞの1球が甘くなり、リードを広げられながら最終回へと進む。

9回の文理の攻撃は、3四死球ながら満塁とする。

四死球を選んでの満塁だが、その内容は粘りに粘って皆で繋いだ満塁だ。

スタンドも、郷里の野球ファンも皆が思うことは同じ

09年の準優勝の9回の再現だ。

異様なムードに包まれかけたが、惜しくも後続をたたれ、無念の敗戦となった。

共に先発の多くの選手がバットを短く持ちコンパクトにミートを心掛け反対方向に打っていった。

小さく動くボールを武器とする投手の攻略には、高校生レベルでは最適な打撃術と思う。

負けはしたが、全く関東一高の選手にひけを取らない文理のバッティングは、

全国のレベルで十分通用することを今回も証明できた。その事は心から嬉しかった。

必ずや文理はまた甲子園で活躍するだろう。

自信を持って歩を進めて欲しいものだ。