BLOG

ブログ

美松サンキューまつり ~39円の秘密とは~

寒波が押し寄せた2月中旬のJR長岡駅前。

毎年この時期、大手通りには異様な行列が姿を現す。

ご存じ“美松のサンキュー祭り”だ。

言わずと知れた139円のシュークリームを求めて、市内外からファンが訪れる。

このサンキュー祭りは、“昭和3424日”に営業をスタートさせた美松の“創業祭”として毎年2月に開催される

(現在は11月にも開催)。

1か月間の開催で、作られるシュークリームの数はなんと約150万個。

1日約5万個が売れ、過去には、110個入りのシュークリームを一人で200箱購入した客もいるという。

使っている牛乳と卵は県内産。味も申し分ない。

しかも、創業当時から39円という値段設定が変わっていないというから驚きだ。

一体なぜ39円という破格の設定が可能なのか。

我々ナマ+トクは、その秘密を探るため、秘密のシュークリーム工場に潜入した!

220日【火】のナマ+トクで放送予定)

※2月16日(金)日刊スポーツ新潟版掲載  岡拓哉