BLOG

ブログ

てまり♪

先日「はるかのこれ!新潟自慢」でご紹介した栃尾てまり\(^o^)/

まるで万華鏡のようにきれいでした…❤

160315-1

これすべて一針一針「栃尾てまりの会」のみなさんが作っているんですよ(*^^*)

 

元々はお母さんやおばあちゃんが

「てまりのようにまぁるく、誰にでも愛される良い子になるように」

という思いを込めて手作りを子どもに贈ったものだそうです…❤

今では全国的に見て、てまりの文化が受け継がれている地域はわずかですが

栃尾には今でも伝統的な製法・技術が残されています。

 

放送ではお伝えしきれませんでしたが、

実はてまりには「飾り玉」と「遊び玉」の2種類があります。

 

見た目はそれほど変わりませんが、飾り玉は振ると「カラカラ」と音がします。

それは、中に7種類の種が入っているから。

なぜ種が入っているのか…… 種は硬くて長持ちすることから

「子どもが丈夫で長生きするように」という願いが込められているからなんです。

(種が「7」種類なのは、「七福」から)

 

(ちなみに、遊び玉は、中心が綿で敷き詰められていて、

跳ねやすくするように模様は凹凸が少ないものになっているそうですよ☺)

 

栃尾てまりには、子どもへの愛情がぎっしり詰まっているんですね…❤