放送番組審議会

【第337回】2017年7月19日(水) 場所:新潟テレビ21大会議室

●検討課題番組

テレビとインターネットの融合が進む中、地上波テレビが魅力あるメディアとしてあり続けるために今後どうあるべきか

●出席委員(敬称略)

【委員長】
吉田和比古

【副委員長】
小泉裕子

【委員】
秋山亮太 五十嵐由利子 佐藤健之 武田眞二 南雲友美 渡邉卓也 渡辺雅美

●主な発言

・同じような番組が多く、局のカラーがなくなっている
・テレビの信頼性が薄らいでいるのではないか
・テレビがつまらなくなったとは思わないが、生活様式とテレビが合わない若い世代が多くなっている
・生放送を増やしていくべき
・災害報道では危険な取材をしないでほしい
・拉致問題など県内にとどまらないニュースはSNSを使って世界に発信したほうがいい