放送番組審議会

【第342回】2018年2月21日(水) 場所:新潟テレビ21大会議室

●検討課題番組

YTSスペシャル 希望の一滴 希少難病に光!~ここまで来た遺伝子治療~
(山形テレビ制作・日本放送文化大賞テレビ部門準グランプリ作品)
2018年1月8日(月・祝)14:02~14:57

●出席委員(敬称略)

【委員長】
吉田和比古

【副委員長】
小泉裕子

【委員】
秋山亮太 五十嵐由利子 佐藤健之 南雲友美 渡邉卓也 渡辺雅美

●主な発言

・AADC欠損症という生まれつきの難病で寝たきり状態の子どもが、
 遺伝子治療によって体を動かせるようになっていく様子に深い感動を覚えた
・難しい病気について図やイラストを用いて説明されていてわかりやすかった
・長期に渡り取材を続けた取材チームの粘り強さに感服した
・患者の関係者と取材チームとの間に強い信頼関係があることを感じた
・病気を抱えている子どもや親の希望につながる番組作りを今後も期待する