まるどりっ!

ふんわりジューシーな焼きギョーザを作ろう♪

 

視聴者の方からお悩みが届きました。

「中の具がふんわりしてジューシーな餃子を作りたいです。」

(西区、中央区 女性他)

今回はこのお悩みを解決します。

 

 

教えてくれるのは、

新潟駅近くにある中国料理「佐敦(ジョウダン)」の

ご主人、佐藤英樹さん。

横浜中華街で腕を磨いた料理人です。

5佐藤さん

焼きギョーザをふんわりジューシーに仕上げるには

あるポイントをおさえると簡単に作れるそうなんです。

img-nextweek2

それでは、作っていきましょう!

材料はこちらです。

【材料】(30個分)

・豚ひき肉200g ・キャベツ200g ・ニラ1/4束 ・中華スープ100cc
・しょう油大さじ1/2 ・ゴマ油小さじ1 ・塩小さじ2/3 ・砂糖小さじ2/3
・ニンニク1片 ・ショウガ10g ・ブラックペッパーお好み ・ギョーザの皮30枚

 

【作り方】

①ボウルに豚ひき肉、しょう油、ブラックペッパー、
ゴマ油、塩、砂糖を入れ混ぜる。

9しょうゆ入れる

 

②中華スープを数回に分けて加える。

10中華スープ

⇒中華スープを加えることで肉がふっくらして肉汁がでるそうです。

11ねばりが出た肉

⇒肉が白っぽく、粘りが出るまで混ぜる。

 

③ニラ、ニンニク、生姜を加え、軽く混ぜ合わせる。

12ショウガ入れる

 

④粗みじん切りにしたキャベツを加え、合わせる。

13キャベツ入れる

⇒ひき肉とキャベツを同じ量にすることで、肉が硬くなるのを防いで
ふんわり仕上がるそうです。

 

⑤皮で包む。

14具材つつむ

⇒このとき肉の水分を周りにつけてくっつけると水が要りませんよ。

15包んだ餃子

 

⑥フライパンに油をひき、ギョーザを並べる。

16餃子並べる

 

⑦火をつける前に水100ccを入れる。

17水入れる

 

⑧フタをして強火で3分ほど焼く。

 

⑨ふたを取り、水分がなくなるまで焼く。

18水分とんだもの

 

これで出来上がり!

 

6完成品全体20151121

皮はパリッと焼きあがっているのに、中はふんわり。

ひと口食べると肉汁を感じますよ。

7箸あげ20151121

ぜひ試してみてください!