まるどりっ!

もうすぐ夏!おうちで冷製パスタを作ろう!

「冷製パスタがなかなか上手く作れない…」というあなたは必見!

 

新潟の一流シェフが美味しく作る方法を教えてくれます!!

 

 

 

伺ったのは、新潟市中央区西大幡のどっぺり坂にある名店。

イタリア料理「オステリア・バッコ」。

 

知得バッコ 外観

 

お店の自慢は、本格的な手打ちパスタです。

こちらは、「オレキエッティ」のパスタ。美味しそうでしょう?

お店では、手打ちパスタ教室も開いているそうです。

 

知得バッコ オレキエッティ

 

シェフの三善将則さん。

イタリアで修行した手打ちパスタのレパートリーはなんと20種類以上だそうです。

 

 

知得バッコ 三善さん

 

 

そんな三善さんに教えていただくのは、「トマトとツナの冷製パスタ」です。

 

材料は、コチラです。

 

【材料】(2人分)

・パスタ(カッペリーニ)140グラム ・トマト2個 ・ツナ(小)1缶 ・にんにく1片 

・バジル7~8枚 ・オリーブ油50cc ・塩、コショウ適量

 

冷製パスタには、『カッペリーニ』という素麺ほどの細さのパスタが合うそうです。

 

 

では、パスタのゆで方。

冷製パスタの場合、ゆで汁に入れる塩はいつもより少し多めに入れます。

⇒冷やした時の味わいを考慮して、しっかりパスタに味をつけておくんです。

・ 『普通のパスタ』だと、1リットルのお湯に対して、塩は10グラムほどですが、

・ 『冷製パスタ』は、1.5倍の塩を目安に入れてください。

(お湯1リットルに対して、塩は15g)

 

ここで《今週の得テク》!!

◆冷製パスタのゆで時間は2分多くする。

知得バッコ +2分

⇒冷製パスタの場合、パッケージに表示された時間より2分ほど長く、

少しやわらかめにゆでておくと

冷やしたときに丁度良い食感になるそうなんです。

 

ゆでたパスタは、冷水や氷水で素早く冷やし、しっかり水分をふき取ってください。

(この場合、タオルを使ってもOKです。)

 

 

続いて、トマトソース作りです。

【作り方】

①2個用意したトマトのうち1個は、ソース用にサイコロ状に切り、

もう1個は、和える具としてぶつ切りにする。

②フライパンにオリーブ油、にんにくを入れてから火にかけ、香りが出るまで炒める。

 

③そこにトマトを加え、ソース状になるまでしっかり炒める。

 

④トマトが崩れてソース状になったらボールに移し、氷水で冷やす。

 

⑤そこにトマト、ツナ、バジルを加え、塩⇒オリーブ油の順で加える。

⇒オリーブ油を先に入れると味が付きにくくなってしまうので、

必ず後から入れましょう。

 

⑥最後にパスタとよく絡める。

 

これで「トマトとツナの冷製パスタ」の完成です。

 

知得バッコ 冷製パスタ

 

パスタとソースの絡みが絶妙で、水っぽさはありません!

2種類の使い方をしたトマトは、

具材としてのフレッシュさ、ソースとしての甘さ、2つの味わいが楽しめますよ。

 

暑い夏の一品にいかがですか?