まるどりっ!

オムライスをキレイに包むコツ

 

視聴者の方からお悩みが届きました。

 

「オムライスを上手に包むコツを教えて下さい。」(西区・女性)

 

今回は、このお悩みを解決します!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

伺ったのは、新潟市中央区中野山にある「欧風厨房アンジュパッセ」。

 

1 外観20150328

 

昔ながらの洋食やフレンチテイストの欧風料理が味わえるお店です。

 

2 内観20150328

 

中でも、「ハンバーグオムライスランチセット」はボリュームたっぷり!

 

男女ともに人気が高いんです。

 

3 ハンバーグオムライスランチセット

 

こうした料理を作るのは、オーナーシェフの齋藤和行さん。

 

この道20年。洋食一筋の料理人です。

 

4 シェフ20150328

 

齋藤さんに今回教えてもらうオムライスがこちら!

 

15 完成品全体

 

しっかりときれいに包まれていますよね。

しかも、中はふわとろなんです。

 

 

この包み方のコツを教えていただきます!

 

 

【材料】

 

・チキンライス150g ・卵2個 ・塩少々 ・バター7g

 

 

【作り方】

 

①卵をとき、塩を少々加え下味をつける。

 

②フライパンを温め、バターを溶かす。

 

5 とけたバター

 

③ある程度とけたら、とき卵を流し入れる。(火は弱めの中火)

 

6 卵入れて混ぜる

 

④スクランブルエッグを作る要領でかきまぜ、外側がかたまってきたら火を止める。

 

⇒卵を広げながら、10秒ほど余熱で火を通します。

 

下側がかたまっていれば、上はとろとろの状態でOKです。

 

7 卵広げて余熱で10秒

 

⑤卵の中央にチキンライスを広げるように入れる。

 

8 チキンライス入れる

 

⑥再度火にかけ強火にする。

 

9 再度火にかける

 

⑦フライパンの柄をトントンと叩き、卵を奥の方に寄せる。

 

⇒このとき、卵が動かなければ加熱が足りないかもしれません。

 

もう少し温めてみてください。(焼きすぎにはご注意を!)

 

10 柄をトントンする

 

⑧奥の卵を箸で手前側に返す。

 

11 奥の卵を箸で返す

 

⑨お皿を持ち、フライパンをゆっくり垂直に持つ。

 

12 卵返るの待つ

 

⇒すると重力でくるりとチキンライスが卵に包まれます。

 

13 返った卵

 

これで出来上がりです!!

 

15 完成品全体

 

卵の黄色がきれいで表面もなめらかですよね。

 

17 完成品寄り

 

食べると、中の卵がとろ~っとしていて、チキンライスとの相性もいいですよ。

 

16 完成品箸あげ

 

我が家のオムライスは、きょうからこの方法で決まり!です(笑)

 

みなさんもぜひお試しください!