まるどりっ!

マリネのおいしい作り方

 

梅雨に入り、蒸し暑い日も多くなってきました。

 

そんな時におすすめしたいのがマリネ。

 

夏野菜を使った美味しいマリネを知っ得します!

 

伺ったのは、新潟駅前から徒歩 約3分の所にある「ファゴット」。

 

1外観20150627

 

スペイン料理やイタリア料理が気軽に味わえるお店です。

 

2内観20150627

 

オリーブ油とニンニクで煮込んだ”ツブ貝”や”エビ”の『アヒージョ』は、人気のメニュー。

 

3アヒージョ

 

野菜たっぷりのスパゲッティもおすすめです。

 

4スパゲッティ

 

こうしたお料理を作るのは、シェフの馬場一美さん。

 

東京で修行を積んだ一流料理人です。

 

5馬場さん

 

今回作るのは、『タコと夏野菜のマリネ』。

 

見た目も鮮やかでこの時季さっぱり食べられる一品です。

 

 

材料はコチラです。

 

 

【材料】

 

・タコ(刺身用)1本 ・セロリ1本 ・トマト1個 ・キュウリ1本

 

・パプリカ(赤、黄)各1/2個 ・玉ねぎ1/2個 ・ニンニク1片 ・タカのつめ適量

 

(漬け汁) ・レモン汁1個分 ・酢大さじ2 ・サラダ油大さじ2(オリーブ油でもOK)

 

・塩、コショウ、砂糖適量

 

 

【作り方】

 

①ボウルにレモン汁、酢を入れ、ゆっくり混ぜながらサラダ油を加える。

 

6レモン汁入れる7サラダ油入れる

 

⇒全体が混ざり合って白っぽくなってくるまで混ぜてください。

 

8サラダ油にごるまで混ぜる

 

②キュウリは、食べやすい大きさに切る。

 

③トマトは、湯むきして種を取ってから、食べやすい大きさに切る。

 

9トマト種とる

 

④パプリカは焼いて皮をむく。

 

11パプリカ焼く

 

⇒このとき、表面が焦げるくらいまで全体を焼いて、

 

12焦げたパプリカ

 

⇒水に入れて冷まします。

 

13パプリカ水で冷ます

 

そして、キッチンペーパーなどで皮をむくときれいにむけますよ。

 

14皮剥く

 

中に入っている汁は、パプリカの美味しさがたっぷりなので捨てずに取っておきます。

 

15皮剥いたパプリカ

 

⑤パプリカを好きな大きさに切る。

 

⑥フライパンにサラダ油をひき、スライスしたニンニク、タカのつめを入れ香りが出るまで炒める。

 

16ニンニク炒める

 

⑦玉ねぎ、パプリカを入れて、しんなりするまで炒める。

 

17パプリカ玉ねぎ炒める

 

⑧セロリは、沸騰したお湯に1分ほど入れ、タコも30秒ほど湯通しする。

 

⇒先にセロリ、時間差でタコを入れると一つの鍋ですみますよ。

 

19湯通し

 

⑨水気を切って冷ます。

 

⑩具材と漬け汁、パプリカの汁を合わせ、よく混ぜ合わせる。

 

これで完成!

 

20完成品全体

 

酸味が強過ぎることなく、さわやかな味わいです。

 

それぞれの素材の旨みが一体化して、次から次へと箸が進みますよ~♪

 

21完成品箸あげ

 

ぜひ、お試しください!