まるどりっ!

ワンランク上のミネストローネ

今回のテーマは、野菜たっぷり、体も温まるワンランク上のスープ。

やみつきになること間違いなし!

あのお店の味を知っ得します。

 

 

伺ったのは、新潟市中央区どっぺり坂にある

「オステリア バッコ」。

 

1外観20150110

 

 

本格的なイタリア料理を気軽に食べられるお店です。

 

2内観20150110

 

 

とくに人気なのが自家製の手打ちパスタ。

 

3パッパルデッレ

 

モチモチとした食感は、もう一度食べたくなる美味しさです。

 

 

教えてもらうのは、シェフの三善将則さん。

本場イタリアで修行を積みました。

 

4三善さん

 

 

今回教えていただくスープがこちら。

野菜たっぷりワンランク上のミネストローネ。

 

6完成品全体

 

食感もほどよく、お店の味をお家で再現できますよ!

 

 

 

【材料】

・生ハム40g ・トマト1個 ・玉ねぎ1/2個 ・ニンジン1/3本 ・セロリ1/2本

・ゴボウ1/2本 ・カブ1/2個 ・ジャガイモ1個 ・キャベツ1/6個

・ブロッコリー1/2個 ・豆水煮缶1缶 ・水1.2ℓ ・ローリエ1枚

・オリーブ油、塩適量 ・粉チーズ、コショウお好み

 

 

 

【作り方】

 

 

①生ハムを5mm角に刻み、オリーブ油で香りが出るまで炒める。

 

 

7生ハム刻む

 

 

 

  ⇒生ハムを炒めることでスープの味に深みとコクがでるそうです。

 

8生ハム炒める

 

 

 

②トマトを刻み、ソース状になるまで炒める。

 

9トマト鍋に入れる

 

⇒トマトの形がなくなる位、しっかり炒めてください。

 

10トマトソース状

 

 

 

③1cm角に切った玉ねぎ、ニンジン、セロリなど、香りの出るものを先に炒める。

 

11玉ねぎニンジンセロリ入れる

 

 

④同じ位の大きさに切ったゴボウ、カブ、ジャガイモなど残りの野菜を加える。

 

12ゴボウ カブ入れる

 

 

⑤豆の水煮缶を半分入れて、さらに炒める。

 

13豆半分入れる

 

 

⑥すべての具材に火が通ったら水を加え、火にかける。

 

14水入れる

 

⇒このとき白っぽく浮き上がる灰汁を取ってください。

黄色っぽいのは油で旨みがあるので取らないように気をつけてください。

 

15灰汁のみ取り除く

 

 

⑦塩とローリエで味と香りをつけて、弱火で約30分、煮込む。

 

 

 

 

⑧残りの豆をざるなどでこして、ペースト状にする。

 

16ペーストされた豆

 

⇒ペースト状にして加えることで、濃度がついて旨味やコクが出て美味しくなるそうです。

 

 

⑨ペーストにした豆を加えて10ほど煮込む。

 

 

⑩下ゆでしたブロッコリーを加え5分ほど煮る。

 

17ブロッコリー入れる

 

 

⑪塩で味を調え、オリーブオイルをかける。

 

 

これで完成です!

 

6完成品全体

 

 

それぞれの具材のうまみがしっかりでていて、まろやか。

 

食べ応えのある野菜スープ。絶品です。

 

5完成品箸あげ

 

栄養も取れて体も温まりますよ~。

お試しください♪