まるどりっ!

ワンランク上の焼きナスを作ろう!

 

今回のテーマは、夏の定番「焼きナス」。

 

ワンランク上のプロの焼きナスを知っ得します!

 

行ってきたのは、新潟駅南口。けやき通りを一本入ったところにある「ICHIE(いちえ)」。

 

4月にオープンしたばかりのお店です。

 

1 外観20150613

 

趣のある門をくぐると、開放感のあるオープンキッチン。

 

2 オープンキッチン

 

そして、窓の外にはテラス席と上質な空間が広がります。

 

3 テラス席

 

こちらでいただけるのは、和洋が織り成すお料理の数々。

 

新鮮な魚介類をシンプルに頂く和食はもちろん、

 

4 あわび

 

フランス産のフォアグラを使った洋食も絶品です。

 

5 ロッシーニ

 

そして、食材のプロJAとコラボした限定メニューもあります。

 

旬の焼きナスに、かつお出汁のジュレを添えた、なんとも涼しげな一皿です。

 

6 コラボメニュー

 

こちらを考案したのが、系列店で料理長を務める早川健人さん。

 

早川さんにワンランク上の焼きナスを教えてもらいます。

 

7 早川さん

 

材料はこちら。

 

 

【材料】(4人分)

 

・ナス2本

 

《お好みの夏野菜》 ・ヤングコーン ・オクラ ・ミニトマト ・キュウリ ・ブラックタイガー ・とびっこ

 

(だし) ・かつお出汁450cc ・しょう油小さじ3 ・みりん小さじ1 ・塩適宜

 

 

 

【作り方】

 

①ナスに切れ目を入れる。

 

8 切れ目入れる

 

⇒縦に3~4ヵ所切れ目を入れる。

 

9 穴をあける

 

⇒おしりの部分から太めの串で穴をあける。

 

②ナスを焼く。

 

10 焼く

 

⇒表面が焦げつくくらい、じっくり火を通す。目安は強火で約10分。

 

11 蒸気出る

 

⇒串をさした部分から蒸気が出てきて、ナスを押してみてやわらかくなればOK!

 

12 ナスを押す

 

③皮をむく。

 

13 皮をむく

 

⇒皮の厚いおしりのほうからむくとむきやすい。

 

14 むき終わったナス

 

④鍋に、だしの調味料を入れ沸かし、冷ましておく。

 

15 だし

 

⑤④に焼きナス、ゆでたお好みの夏野菜を浸し、冷蔵庫で冷やす。

 

16 浸す

 

ナスを食べやすい大きさに切って、器に盛り付ければ、完成!

 

17 料理 全体

 

そのまま食べても美味しいですが、

 

かつお出汁で頂くのも上品な味わいでおいしいですよ。

 

18 料理 箸あげ

 

この夏、ぜひお試しください♪