まるどりっ!

春キャベツを和風に味わおう

 

視聴者の方からお悩みが届きました。

 

「春キャベツを和風に味わいたいです。」(新潟市中央区・女性)

 

このお悩みを解決します!!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

伺ったのは、新潟市中央区上所上にある「hana-na(はなな)」。

 

1外観20150411

 

旬の地元野菜を使った種類豊富な惣菜が味わえると人気のお店です。

 

3総菜2内観20150411

 

人気メニューは花菜ごはん。

 

手作りのミートローフも野菜がたっぷりです。

 

4花菜ごはん

 

こうした料理を作るのは、野菜ソムリエの資格を持つオーナーの安倍由美子さん。

 

新しいメニューの開発や料理教室も行っています。

 

5安部さん

 

 

今回教えてもらうのはこちら!

 

旬の春キャベツとアサリを卵でとじた一品。

 

6完成品全体20150411

 

彩りもいいですよね。

 

実はこのメニュー、ある意外な隠し味が決め手なんです。

 

 

 

材料はこちら。

 

【材料】

・春キャベツ400g(約1個) ・アサリ1パック ・トマト1個 ・卵4個 ・小ネギ適量

・かつお出汁200cc ・酒大さじ2 ・みりん大さじ2 ・薄口しょう油大さじ2

・砂糖小さじ1

 

 

 

【作り方】

 

①アサリは砂抜きする。

 

②キャベツは5cmくらいのざく切りにする。

 

9キャベツざく切り

 

③トマトはくし型に切る。

 

④フライパンにかつお出汁、酒、アサリを入れ、フタをして火にかける。

 

10調味料あさり入れる

 

⑤アサリの口が開いたら、みりん、砂糖、薄口しょう油を加える。

 

11しょうゆ加える

 

⑥キャベツを入れ、1分ほどさっと煮る。途中でかきまぜる。

 

12キャベツ加えて混ぜる

 

⇒春キャベツは葉がやわらかいので短時間で煮ることで、食感を楽しめますよ。

 

火の通しすぎにご注意ください。

 

⑦トマトを加える。

 

ここで《今週の得テク》!!

 

◆隠し味にバターを加える。

 

⇒バターを入れることでコクと風味がましてやさしい味に仕上がるそうです。

 

⑧トマトが温まったら、バター(10g)を入れ、フタをする。

 

13バター加える

 

⇒バターは小さく切って入れると溶けやすいですよ。

 

14小さく切ったバター

 

⑨バターが溶けたら、溶き卵をまわし入れる。

 

15溶き卵まわし入れる

 

⑩フタをしてお好みのかたさまで蒸し煮にする。

 

6完成品全体20150411

 

これで「春キャベツとアサリの卵とじ」の完成です。

 

7完成品寄り20150411

 

彩りは洋風ですが、カツオとアサリの出汁が効いていて”和”を感じる味です。

 

バターの存在は強すぎず、ほどよいコクを出してくれています。

 

卵をかために煮るとお弁当のおかずにもなりますよ。

 

8箸あげ20150411

 

旬のメニューをお試しあれ!