まるどりっ!

暑い夏にぴったり!アジの南蛮漬け

今回は、旬のアジを使って

暑い夏にピッタリな「アジの南蛮漬け」を知っ得っ!しちゃいます!!

 

 

 

伺ったのは、

新潟市・駅南のけやき通りを一本線路側に入ったところにある名店。

知っ得っでは、おなじみの「旬菜割烹びらーじゅ」。

四季折々の食材で作る日本料理が人気のお店です。

 

知得びらーじゅ 外観2012年6月

 

ご主人の青島和之さんは、魚に関する料理本をだすなど

今回のテーマにピッタリの方です。

 

知得びらーじゅ 青島さん2012.6

 

では、早速教えていただきましょう。

材料はコチラです。 アジは豆アジを使います。

 

【材料】(4人分)

・豆アジ12尾 ・片栗粉大さじ2 ・揚げ油適量 

・長ネギ1本 ・タカのつめ1本 ・青唐辛子お好み

 

(南蛮酢)

・酢240cc ・水360cc ・みりん60cc ・薄口しょう油30cc ・砂糖大さじ4 

・塩少々 ・鰹節少々

 

 

【作り方】

①南蛮酢は、材料を鍋に入れ火にかけ、沸いてきたら火を止め10分ほど冷まし、

ペーパータオルなどで漉す。

 

②豆アジは、エラブタを開き、真ん中にあるエラを下に引いて内臓を取る。

 

③水洗いして、水気をしっかりふき取り、豆アジに片栗粉をまぶす。

 

ここで《今週の得テク》!!

◆ビニール袋を使って片栗粉をまぶす

 ⇒こうするとキッチンも汚れず、少量の片栗粉でもきれいにまぶすことができます。

知得びらーじゅ 少量でOK

 

 

④160℃~170℃の油で豆アジを揚げる。

⇒やわらかすぎると形が崩れてしまうのでカラッとしっかり揚げてください。

 

⑤長ネギは、油を敷いたフライパンで焼き、しっかり焼き色をつける。

 

⑥タカのつめは小口切りにして、長ネギと一緒に南蛮酢に加える。

 

※すぐに食べたいとき⇒揚げたてのアジを南蛮酢に漬ける。

※日持ちさせたいとき⇒揚げたアジを冷ましてから南蛮酢漬ける。

 

知得びらーじゅ 漬け方

 

⑦アジを器に盛り、焼きネギと青唐辛子を添える。

 

これで、美味しいアジの南蛮漬けが完成です!

 

知得びらーじゅ 南蛮漬け

 

骨までやわらかくて、酸味・甘味・うま味のバランスが丁度良い南蛮漬けですよ♪

 

 

同じ方法で鶏肉を漬けても美味しくできますよ!

ムネ肉でもモモ肉でもOKですが、

その場合は、皮を取り除いてひと口大の削ぎ切りにし、

軽く塩を振ってから調理してください。

 

付け合せは、玉ねぎ、にんじん、パプリカなどマリネ風にしても合いますよ、

 

知得びらーじゅ 鶏の南蛮漬け

 

暑いこれからの季節、ぜひお試しください。