まるどりっ!

残った調味料を上手に使って、もう一品おかずを作ろう

今回は、残りがちな調味料を活用したおかずの作り方をご紹介します!

 

伺ったのは、知っ得っ!ではおなじみの「笑喰処つまようじ」。

 

知得つまようじ 外観2012.10

 

家庭的で日替わりのおばんざいが人気のお店です。

 

そんなアイデア溢れる料理を作る筒井寛子さんに教えていただきます。

 

知得つまようじ 筒井寛子さん

 

今回使う調味料は、焼肉のタレ、ウスターソース、粒マスタードです。

 

みなさんのお家にも残ってませんか?

 

知得つまようじ 調味料

 

 

まずは、焼肉のタレを使って『じゃがいもの煮っころがし』を作ります。

 

知得つまようじ 煮っ転がし

 

 

【材料】(4人分)

・じゃがいも(小)8個 ・焼肉のタレ150cc ・バター20g ・水75cc

 

【作り方】

①じゃがいもは皮をむきゆでておく。

②フライパンにバターを溶かし、じゃがいもを炒める。

⇒美味しさアップのために薄切りにした玉ねぎを加えても良いですよ!

③玉ねぎが透き通ってきたら、焼肉のタレをまんべんなく回し入れる。

④じゃがいもを、スプーンなどで少しつぶすように炒める。

⑤水を加え、タレに照りが出るくらい煮詰める。

 

焼肉のタレの味はほとんど感じませんが、

バターとの相性もいいちょっと洋風の煮っころがしに仕上がりますよ。

 

 

 

続いては、ウスターソースを『鶏のから揚げ』に利用しちゃいます。

 

知得つまようじ から揚げ完成

 

【材料】(4人分)

・鶏もも肉250g ・ウスターソース大さじ1強 ・マヨネーズ大さじ1強 ・牛乳1/2カップ

 

【作り方】

①ウスターソース、マヨネーズ、牛乳を合わせる。

②一口大に切った鶏肉を漬けこみ、30分ほど置く。

③小麦粉をつけて170~180度の油で揚げる。

④泡が細かくなってきたら取り出す。

 

ウスターソースやマヨネーズの酸味はほとんどしませんが、

鶏肉がやわらかくジューシーに仕上がります。

いつものから揚げが、さらにグレードアップしそうですよ。

 

 

 

ウスターソースは、魚にも応用できますよ。

 

【材料】

・さんま2尾 ・ウスターソース小さじ1と1/2 ・から揚げ粉大さじ3 ・卵1個

 

【作り方】

①さんまを三枚におろし、半身をそれぞれ三等分にする。

②ウスターソース、から揚げ粉、卵を混ぜ合わせる。

③②の衣にさんまをくぐらせ油で揚げる。

 

竜田揚げ風の美味しい一品がですよ!

 

 

 

最後に、粒マスタードを使って『豚こまのタンドリー風』を作りましょう。

 

知得つまようじ 豚こま

 

【材料】(4人分)

・豚こま切れ肉600g ・粒マスタード小さじ2 ・マヨネーズ大さじ3

・焼肉のタレ大さじ1

・しょう油小さじ1/2 ・塩、コショウ適量 ・もやし、えのき 、キャベツお好みで

(仕上げ用) ・ウスターソース大さじ1と1/2 ・しょう油小さじ2

 

【作り方】

①粒マスタード、マヨネーズ、焼肉のタレ、しょう油、塩コショウを混ぜ、つけだれを作る。

②つけだれに豚こま切れ肉を入れ揉みこむ。

③フライパンに油をひかず、豚こま切れ肉を炒める。

④肉に火が通ってきたら、もやし、えのきを加え、しんなりするまで炒める。

 

キャベツの千切りを周りに敷いて盛り付ければ、

栄養バランスもgoodなおかずが完成です。

 

 

みなさんも残った調味料でアイデア料理に挑戦してください♪