まるどりっ!

簡単!美味しい!くっつかないアレンジ焼きそば

8月に入り、いよいよ夏本番。

バーベキューなどでの定番料理といえば、焼きそば!

今回は、一流料理人が教えるアレンジ焼きそばを知っ得っ!します。

 

 

 

 

伺ったのは、新潟市中央区東中通にある

和食の名店「彩膳ちくら」。

 

1ちくら外観

 

ご主人の鈴木敬さん。

確かな技術を持つ鈴木さんの腕からは、数々のアイデア料理も生まれています。

 

2鈴木敬さん

 

そんな鈴木さんが今回教えてくれるのは

具材にタコとナスが入ったその名も「オタンコナス焼きそば」。

 

3オタンコナス焼きそば

 

 

作り方を教えていただく前に・・・

麺がくっついたり、パサついたりすること、ありませんか?

 

 

ここで《今週の得テク》!!

◆焼きそばの麺は炒める前に一度お湯にくぐらせておく

5麺をお湯をくぐらせる

⇒こうすることで麺がほぐれるだけでなく、

余分な油も落ちるためソースがなじみやすくなるんだそうです。

 

6余分な油が落ちて味がなじむ

 

 

では作っていきましょう。

 

【材料】(1人分)

・焼きそば1袋 ・タコ60g ・ナス1本 ・しょうが少々

・キャベツ、玉ねぎ、ニンジン、えのき、エリンギなど、お好みの野菜を適量

 

 

(オリジナルソース)

・しょう油100cc ・酒100cc ・みりん20cc ・梅干し大2個

1人分はここから35ccを使用

 

・水35cc

 

 

【作り方】

 

①梅干しは種を抜いてたたき、しょう油、酒、みりんと合わせる。

 

8梅入りソース

 

②ナスは半月切り、タコは刺身のように切り分ける。その他の野菜は食べやすい大きさに切る。

 

7具材切り方

 

③焼きそばの麺を袋から出し、熱湯にくぐらせてほぐしておく。

 

④フライパンにオリーブ油をひき、ナスを焼き色がつくまでしっかり炒める。

 

⑤タコとそのほかの野菜を一緒に入れてしんなりするまで炒める。

 

⑥あらかじめ作っておいたソースを35ccと水35ccを加え、味を調える。

 

10同量の水を入れる

 

⑦ソースの水気がなくなるまで炒める。

 

これで「オタンコナス焼きそば」が完成。

 

4箸あげ

 

梅の酸味が効いていてさっぱり。

でも、タコのエキスがしっかり出てて和風のソースと良く合います。

いままで食べたことのない新しい焼きそばの味です。

 

暑い夏にぴったりの一品です。

ぜひお試しください!

 

 

 

ちなみに!

今回のオリジナルソースは、豚のしょうが焼きのタレにもピッタリなんです。

お肉と野菜を炒めたところにソースを絡めるだけ。

こちらもおススメですよ。

 

9しょうが焼き