まるどりっ!

食べるだけで幸せに!2018年は”開運”おせち料理でスタートしよう!

料理の一つ一つにいわれや意味がある「おせち料理」。

新しい年のスタートに味わって運を呼び込みましょう!

 

しかも、美味しく手作りできたら嬉しいですよね?

プロの技でおせち料理のお悩みも解決しちゃいますよ!

 

 

『黒豆の蜜煮』(4人分)

(材料)

・黒豆350g
・水7カップ ・砂糖300g ・塩大さじ1/2 ・薄口しょう油30ml
(重曹小さじ1/2)

 

(作り方)

①黒豆は、新物で大粒のものを選ぶ。

②大き目の鍋に7カップの水を入れ、沸騰したら火から下ろし、
調味料を入れて混ぜ合わせる。
ぬるま湯ぐらいになったら、水洗いした黒豆を入れ、一晩漬ける。

③②の鍋を強火にかけ、煮立ったらアクと泡をすくい取り、
1/2カップのさし水をする。再び煮立ったら、さらに1/2カップのさし水をして
ひと煮立ちしたらアクと泡をすくい取る。

④火をごく弱火にして、紙ぶたをして7~8時間以上煮る。
※長時間煮ることができない場合は途中で火を止め、
都合の良い時間に再び火にかけても良い。
煮汁がなくなったら、さし湯をする。

⑤煮汁がひたひたになり、豆を縦に軽くつぶしてみて、
やわらかくつぶれるようになったら火から下ろし、
まる一日置いて味を十分なじませる。

 

 

『田作り』(4人分)

(材料)

・ごまめ60g
・砂糖大さじ3 ・水大さじ2 ・濃口しょう油大さじ1 ・みりん大さじ1
・白ごま、七味唐辛子 お好み

 

(作り方)

①ごまめを鍋またはフライパンに入れ、弱火でじっくり煎る。
ざるに上げて細かいかすを取り除く。

②鍋に調味料を合わせ、火にかける。
煮立たせて泡が細かくなったら火を止め、①のごまめを手早くからめる。

③バットに広げて冷まし、好みで白ごま又は七味唐辛子をを振りかける。

 

 

『伊達巻』(目安4人分 24㎝のフライパン使用)

(材料)

・卵8個
・砂糖大さじ9 ・酒大さじ2 ・薄口しょうゆ小さじ2
・白はんぺん100g ・サラダ油 適量

 

(作り方)

①卵に町に料を加え、混ぜ合わせる。
→空気を含ませるようよく混ぜてください。

②はんぺんは裏ごしするかフードプロセッサーにかける。

③すり鉢に②を入れ、さらに滑らかにする。そこに①を少しづつ加えて伸ばす。
→お玉1杯入れたら、およそ2分を目安に混ぜ合わせます。
→これを3回繰り返します。
→5分以上混ぜることになりますが、ここを頑張ればふっくら仕上がりますよ。
→最後は卵液を一気に加えて大丈夫です。
→少し泡立って空気をたくさん含んでいればOK!

④フライパンを熱し、薄くサラダ油をひき、③を流し入れる。
フタをして弱火で焼く。
→10分ほどじっくり焼くのがポイント!

⑤卵の表面がふっくらして乾いてきたら、裏返して再び弱火で3~4分焼く。

⑥火が通ったら熱いうちに鬼ずだれを使って、手前から「の」の字に巻き、
両端を二重にした輪ゴムで止める。
冷めたら鬼ずだれをはずし、好みの厚さに切る。