まるどりっ!

食感がたまらない!シュウマイの作り方

今週も視聴者の方からお悩みが届きました。

 

「美味しいシュウマイの作り方を教えて下さい。」

 

(新潟市中央区・男性)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

このお悩みを解決しようと伺ったのは、

新潟市東区松崎にある人気店「花壇」。

 

知得花壇 001外観  

 

 

お店の人気メニューは、なんといっても点心。

 

2 花壇のシウマイ&ニラまん

 

もちっとした皮がたまらない「エビニラ餃子」は、女性に大人気。

 

3 エビニラ餃子

 

皮に卵が練りこまれた特製の「シウマイ」は、目にも鮮やか!

 

4 広東シウマイ

 

こうした美味しいお料理を作るのは、中国料理の道20年の赤川秀樹さん。

シウマイで有名な横浜・崎陽軒で修行をした料理人です。

 

5 シェフ紹介カット

 

 

赤川さんに今回教えてもらうシュウマイのキーワードは『食感』です。

 

6 シュウマイ 物撮り

 

 

材料はこちら。

 

【材料】(30個分)

 

・シュウマイの皮30枚 ・豚もも肉300g ・キャベツ100g ・玉ねぎ100g ・エビ100g

・片栗粉大さじ4

(調味料)

・しょうが小さじ1 ・塩小さじ2と1/2 ・砂糖小さじ2と1/2 ・コショウ小さじ1/2

 

 

今回お肉は、ひき肉ではなく、豚もも肉を使います。

スーパーなどでカレー用などとして売られているブロック状のものです。

 

7 豚もも肉 使うワケ

 

赤川さんいわく、豚もも肉は旨みがあって食感も良く、

食べ応えがまるで違ってくるそうです。

この豚もも肉、切り方にポイントがあります。

 

 

これが《今週の得テク》!!

◆豚もも肉は、2/3は粗く刻んで、1/3を細かく刻む。

 

8 豚肉の切り方 粗く&細かく2S

 

粗く刻むことで弾力のあるプリプリとした食感になり

細かく刻むことでつなぎに役割を果たし、他の食材との一体感もでるそうです。

 

この得テクをふまえて作っていきましょう。

 

 

【作り方】

 

①豚肉の2/3は、5ミリ角の大きさに刻み、

 

9 粗く切る効果

 

1/3は、たたきを作る要領で細かく刻む。

 

10 細かく切る効果

 

 

②刻んだ豚肉を全てボウルに入れたら、調味料を加え、練っていく。

 

11 調味料入れて練る

 

⇒手のひらを使って、洗濯物を揉み洗いするイメージでしっかり練ってください。

 

12 練り方 コツ

 

全体が白っぽくなって糸が引いてくるようになればOK!

 

13 粘りが出ればOK

 

こうすると、食感の良いおいしいシュウマイになるそうです。

 

 

③エビは水洗いし、5ミリ角のサイコロ状に切って水分をふき取り、

片栗粉(大さじ1)をまぶす。

 

14 えび&かたくり粉

 

④②のお肉に③のエビを加え、ここでもしっかり練る。

 

15 えび入れて練る

 

⑤玉ねぎとキャベツも5ミリ角に切り、

 

16 角切り玉ねぎ&キャベツ2S

 

片栗粉(大さじ3)をまぶしたら、④にさっくり合わせる。

 

17 さっくり合わせる

 

⇒ここでは練らないように注意しながら全体に合わせてください。

 

 

 

⑥具材に密着するようにラップをかけて、冷蔵庫で10分ほど寝かせる。

 

18 10分寝かせる

 

⇒こうすると具材同士がなじんで包みやすくなりますよ。

 

 

 

 

ここから簡単な包み方をご紹介します!!

 

 

⑦シュウマイの皮を手のひらに乗せ、ナイフで具材を全体に広げる。

 

19 皮に具材を乗せる

 

⑧広げたお肉の真ん中にナイフの先をあて、上下を逆さにする。

 

20 傘のように乗せる

 

⑨手のひらで皮ごと具材を包み込み、皮が破れないように注意しながら

ギュッギュッと握る。

 

21 ナイフをくるくる

 

⑩ナイフを抜いたら、再び上下を逆さにして形を整え、

お肉の面をナイフで平らにならす。

 

22 形整える

 

これであっという間に包めてしまいます。

 

23 成形完成

 

 

 

⑪お湯をはった鍋に小さめのザルをおいてお皿を乗せる。

 

24 蒸す

 

⑫お皿にシュウマイをのせて、フタをしたら強火で8分蒸す。

 

6 シュウマイ 物撮り

 

すると熱々のシュウマイの完成です。

 

25 シュウマイ箸上げ

 

いままで食べたことのないような弾力。

お肉もエビもプリプリッとした食感で食べ応えがあります。

具材の旨味を存分に感じられます。

タレはつけなくてもいいくらいしっかりした味わいです。

 

 

家庭でも簡単にできてしまう美味しいシュウマイ♪

どうぞお試しください。