まるどりっ!

2017年12月2日放送 #07阿賀野市 その道を極めたプロフェッショナルが登場 

2017年12月2日放送 #07阿賀野市 その道を極めたプロフェッショナルが登場 

新潟のいいところを自慢しあって、もっと新潟を好きになろうというUXの新潟自慢。

旅ちょ。でおなじみの2人が、
月に1回、県内の各市町村に存在するまちあるきMAPを元に、
知られざる新潟自慢を探す「MAPでさがそう新潟自慢」

 

#07 あがの にじいろマップ

マップをもらいに行ったのは、「パティスリー&レストラン MAMEFUKU」

なんとこのマップ、スタッフの坂井さんの手描き!

かわいらしいキャラクターのまめまめ隊が案内してくれます♡

 

今回見つけた新潟自慢がこちら!

FILE.17【美食!エディブルフラワー】

脇坂園芸で作っているのは、”食べられるお花” エディブルフラワー

観賞用と同じ種類のものを、こだわりぬいた育て方で
食べられるようにしたものなんです。

今回、2人が試食させていただいたのは3種類!

〇スイートアリッサム‐小さな花が房状に咲き、くせの無い味で食べやすい。

〇ベゴニア‐瑛ちゃんも育てたことのあるお馴染みのお花。実は酸っぱい!

〇ナスタチューム‐カイワレ大根のようなピリッとした辛さが特徴。

お花も1つ1つ味が違うんですね~!

県内でエディブルフラワーを作っているのは脇坂園芸さんだけ!

農薬なしでお花を育てるのは本当に難しいんだそうです。

花を摘み取った後は1つ1つ害虫がいないか筆を使ってチェックします。

ハウスの横には、エディブルフラワーを使用したお菓子や塩を販売するお店もありますよ♪

エディブルフラワー直売店 Soel

問い合わせ:0250-62-6772

営業時間:午前11時~午後3時

定休日:月~木曜日

 

FILE.18【○○初のソーラー発電所】

新潟東部太陽光発電所にやってきました!

ビックスワンおよそ13個分の敷地に9万枚ものソーラーパネルが設置されています。

なんとここ、県が設置、運営、管理まで行う”全国初”の太陽光発電所!

施設の中に入って間近で見学することもできます。

雪が積もってもパネルが埋まらないように、脚が高くなっているんです。

雪国ならではの工夫ですよね。

見学を希望の方は「新潟東部太陽光発電所」で検索!

 

FILE.19【3姉妹が継ぐ伝統の技】

庵地という土地の粘土と手作業にこだわった製法でしか出せない
独特の色合いが特徴の庵地焼。

作っているのは、旗野さん3姉妹。

硬さの異なる粘土を均一にするため、ひたすら踏み続ける土踏みに始まり、

粘土を150回以上練り上げて空気を逃がす作業、
そして成形まですべて手作業。

ろくろを回すのも機械ではなく、足で蹴って回す「蹴りろくろ」を使用しています。

「機械は便利だけれど、その分温かみも面白味もなくなってしまう。
苦労をしても注文してくれた人の顔を思い浮かべて作る」と長女の麗子さん。

まさしくここでしか作れない「新潟自慢」ですよね。

問い合わせ:0250-68-2272

 

今回使ったMAPは、パティスリー&レストラン MAMEFUKU (http://mamefukuu.jugem.jp/)でゲットできます♪

MAPについてのお問い合わせはこちら
⇒パティスリー&レストラン MAMEFUKU TEL:0250-63-2160

 

※掲載した情報は放送時のものです。

変更の可能性がありますのでご確認ください。