まるどりっ!UP

9/11 『産直ヒット商品ルーツをたどれ⑧』

9/11 『産直ヒット商品ルーツをたどれ⑧』

今回は津南町と新潟市中央区の直売所で大ヒット商品を見つけました

【津南食彩館】

ヒット商品は「鬼もろこし」という変わったネーミングのトウモロコシ。

多い日で2000本以上売れるほど人気なんです。

作っているのは、津南町の農家 島田福徳さん。

標高600mの山の中腹に畑があるため

昼夜の激しい寒暖差によって、甘みが強くなるそうです。

さらに日中は茎の成長に糖分が使われるため、

1番、実に甘さが残っている日の出前に収穫するんです。

さらにおいしさの秘訣は、堆肥をふんだんに入れた土づくり。

島田さんが育てる「恵味」という品種はしっかりと肥料を与えないと

うまく育たないんだとか。

もともと養豚業をメインで行っていたため、

豚の堆肥をトウモロコシ畑に再利用しました

「恵味」にピッタリな土壌となり

糖度18度以上の鬼もろこしが完成しました。

おいしくするための工夫が、大ヒットのトウモロコシを生んでいました。

 

津南食彩館

中魚沼郡津南町大字芦ヶ崎乙 203番

9:30~17:00  025-765ー5008

定休日:水曜

 

 

 

新潟市中央区のいくとぴあ食花にある

【キラキラマーケット】

ヒット商品は、土日のみ1日10房しか入荷しない珍しいブドウ。

「雄宝」(ゆうほう)

作っているのは、新潟市北区の農家さん渡邉暢さん。

84歳の大ベテラン。

雄宝はシャインマスカットを品種改良したもので大きな粒が特長。

しかし、粒が多くなると腐りやすいリスクがあるため

成長の過程で丁寧に間引くそうです。

25粒くらいの房にすると粒も大きくておいしいブドウになるそうです。

それによって、なんと粒はピンポン玉を越えるほどの特大サイズに!

生産者の丁寧な管理がおいしさの秘訣でした。

 

 

【いくとぴあ 食花 キラキラマーケット】

新潟市中央区清五郎336  025-384-8470

10:00~18:00(季節・イベントにより変更有)