NEWS

UXニュース

いじめ自殺した生徒の父に「お前」教育長が辞職

新発田市の教育長が、去年いじめを苦に自殺した男子中学生の父親を、「お前」などと呼んだ責任をとって辞任が決まりました。山田亮一教育長は今月5日、第三者委員会からの答申を受けて、男子生徒の遺族に謝罪に出向きました。その際、生徒の父親がかつて教え子だったことから「お前」などと呼び、遺族は不適切な発言と抗議していました。山田教育長は責任を取る形で、11日に辞表を提出。後日、改めて遺族に謝罪した後に辞任します。二階堂馨市長は「遺族に深くお詫びするとともに教育委員会とともに信頼の回復に努めてまいります」とコメントしています。