UXニュース

信越線立ち往生でJR東日本が謝罪

大雪のため、信越線で15時間以上列車が立ち往生したことをうけ、JR東日本が経緯を説明し「乗り合わせたお客様には多大なる心身の負担をかけることになり、謹んでお詫び申し上げます」と謝罪しました。11日夜、信越線では、約430人の乗客をのせた新潟発長岡行きの上り列車が、三条市の東光寺駅付近で雪に乗り上げ、立ち往生。12日午前10時半前に動き出すまで約200人が15時間以上、車内で待たされました。行政などに応援を要請しなかったことについて、JRは「独自で対応できると思った。判断が甘かった」としています。