NEWS

UXニュース

冬タイヤの早めの装着を 阿賀町で呼びかけ訓練

福島県との県境にある阿賀町では、交通誘導訓練があり、冬タイヤの装着なども確認しました。国道49号沿いにある津川除雪ステーションで実施された訓練には、新潟国道事務所や津川警察署からあわせて25人が参加しました。チェーン未装着の車両を想定し、1台1台誘導して停止させる流れを確認。運転手に対して、冬タイヤの装着やチェーンの所持について聞き、冬タイヤの早期装着を呼びかけるチラシを配布しました。国道49号は、津川除雪ステーションから県境までの間に上り坂があり、去年の冬は11台の大型車両が登れなくなっています。国土交通省新潟国道事務所の加藤管理第一課長は「冬用タイヤの早期履き替え、大型車のドライバーにはチェーンの携行と早期装着をお願いしたい」と呼びかけています。また通行時の道路状況の確認も呼びかけています。