UXニュース

平昌五輪 冨田せな決勝進出

スノーボード・ハーフパイプで妙高市出身の高校生、冨田せな選手が決勝に進出しました。予選で初出場の冨田選手は序盤からダイナミックなエアを披露します。その後も安定した滑りでフィニッシュ。24人中7位で13日の決勝に進みます。試合後、冨田選手は「勢いある滑り、かっこよさを多くの人に見てもらいたいので(決勝は)思い切り滑りたい」と意気込みました。またスノーボード・スロープスタイルに出場したチーム・アルビレックスの藤森由香選手は、2回目のジャンプで転倒し9位でした。