NEWS

UXニュース

平野部でも最大25センチ降雪予想 冬型続く

県内は冬型の気圧配置が続いています。13日朝までに平野部でも最大25センチの降雪が予想されていて、交通機関への影響など注意が必要です。魚沼市では朝から断続的に雪が降り続いていました。午前11時までの24時間降雪量は、魚沼市小出で11センチ、妙高市関山で21センチ。積雪は多いところで津南町で232センチ、湯沢町で160センチとなっています。13日朝までに予想される24時間降雪量は、平野部でも山沿いでも最大25センチ。下越と佐渡では12日夕方まで高波に注意が必要です。