NEWS

UXニュース

放射性汚泥再利用工場計画…地元は反発 佐渡

佐渡市で一般社団法人が、放射性汚泥から放射性セシウムを取り出し再利用する、工場の建設を計画を明らかにしました。地元は強く反発しています。計画は社団法人「佐渡市発展推進会」が立ち上げたもので、佐渡市鷲崎地区に、放射性汚泥から放射性セシウムを取り出し再利用する工場と、排熱を利用したリゾート施設を建設するとしています。10日夜は住民説明会が開かれる予定でしたが、住民の反発で開催に至りませんでした。佐渡市発展推進会の本間勝人代表理事は「あまり大きな反対があるようであれば地元ではできない」と語り、地元の反対で計画は断念せざるを得ない状況です。