NEWS

UXニュース

本州初の取り組み ドローンで作付け確認

新潟市の畑でドローンを活用した本州初の取り組みが進められています。この事業は新潟市やJAなどによる協議会が民間企業と取り組んでいます。枝豆など水田の転作が多い黒埼地区の畑1200ヘクタールをドローンで空撮し作付けの状況を確認します。これまでは市の職員が現地で確認していましたがパソコン画面で見られることで人手が10分の1で済み作業の効率化が期待されます。