NEWS

UXニュース

死亡事故 運転中にゲームのながら運転だった

先月、長岡市の国道で71歳の男性が車にはねられ死亡した事故で、逮捕された男が運転中にスマートフォンを操作する「ながら運転」をしていたことがわかりました。警察によりますと、長岡市の会社員丸山俊輔容疑者(34)は、先月21日の夕方長岡市塚野山の国道で71歳の男性を車で後ろからはね、死亡させた疑いで逮捕されました。丸山容疑者は当初、警察の調べに対して「足元に落としたスマートフォンを拾おうとした」と供述していました。しかし、供述に曖昧な点が多いことから、警察が事故当時の通信履歴を調べたところ、ゲームをしながら運転していたことが発覚。丸山容疑者も「ながら運転」を認めたということです。「ながら運転」については、厳罰化を求める動きがあり、12月には罰則を強化した新たな法律が施行されます。