NEWS

UXニュース

環境副大臣 中国にトキ提供働きかける考え

佐渡市を訪れた環境省の伊藤忠彦副大臣は中国に新たなトキのつがいの提供を働きかける考えを示しました。中国からのトキの提供は2007年に譲り受けたペアが最後となっています。国内のトキはこれまで中国から提供された5羽の子孫のため近親交配による劣性遺伝が課題となっていて新たなペアによる交配で数を増やしていく必要があります。伊藤副大臣は「日中が平和友好条約締結40周年という記念の年でもあり、新しいトキのつがいをいただけないものかと、中国側にしっかりと伝え、実行ができるようにしていきたい」としています。