NEWS

UXニュース

白山神社で鏡開き 新潟

鏡開きの日の11日、新潟市の白山神社では、神前に供えられていた鏡もちが木槌で割られました。お供えされていたのは、重さ約15kgの鏡もち。鏡開きは平安時代からの風習で、正月にお供えしたおもちを食べることで1年の無病息災を祈ります。白山神社では15日の小正月の日に、この鏡もちをぜんざいにして600人にふるまいます。