UXニュース

米山県政の「政策プラン」策定へ有識者による検討会 初会合

米山知事は、県政運営を進める上で柱となる「政策プラン」の策定に取り掛かります。民間の意見も取り入れようと、有識者を集めた会議が開かれました。政策プランを検討する会議には、教育や医療、文化など様々な分野の専門家ら約30人が集まりました。「新・総合計画」は、現在県で取り組むべき政策の課題や目標について知事が中心になってまとめるもので、県政運営を進めるための「柱」となります。今回初めて策定を進める米山知事は、集まった委員を前に「県民が暮らしやすく、子育て働きやすく魅力あるプランにしてほしい」と挨拶しました。「新・総合計画」は、今後検討会を重ね、委員からの意見を盛り込みながら12月をめどにまとめられる予定です。