NEWS

UXニュース

花角知事「原発不安」だが「現時点では必要」

花角知事が13日、東京の日本記者クラブで会見を開き、柏崎刈羽原発の再稼働に当たっては県民の信を問うと改めて強調しました。さらに「私は不安だからそれを避けられるものなら避けたい(原発に)頼らないエネルギー構造が作れるのであればそういうものを目指していきたい」と、自身が抱える不安も語りました。一方で花角知事は「必要不可欠な時にはやめるわけにはいかない」とも話し、現時点では原発が必要という見方も示しました。県の技術委員会による原発事故の検証が続いていて、その後の再稼働の判断に当たっては、知事選で県民に信を問うと従来の姿勢を強調しました。