NEWS

UXニュース

財政再建へ…加茂市長が報酬15%カット

加茂市の藤田明美市長が10日、市長報酬のカットを含む事業の見直しを打ち出しました。月額81万円の給与を15%カットします。県内の市長としては最も低い69万4000円となり、議会での決議を経て来月から削減される見通しです。副市長は10%、教育長も5%カットします。その一方で、小中学校の体育館に冷暖房を設置する計画の見直しや、無料だった高齢者と子供のインフルエンザ予防接種を有料にする方針で、5000万円程度を捻出できると試算しています。加茂市の財政状況は自治体の貯金にあたる基金が県内最低水準の2200万円になるなど非常に厳しく、藤田市長は3年をかけて事業の見直しを進める方針です。