NEWS

UXニュース

農家の新戦力に!外国人を派遣 新潟市

人材不足に悩む農業の現場で、外国人の活躍が期待されます。農業特区である新潟市の農家に、2人のベトナム人が派遣されました。新潟市西蒲区にあるエンカレッジファーミング。これまで多くの外国人を、技能実習生として受け入れてきました。3年間、日本で技能実習生として経験を積んでいるバンさんとクインさん。今回、民間の事業者を介し、農業特区を活用した初めての農業支援外国人として派遣されました。エンカレッジファーミングの近藤敏雄代表は「今までの実習生は通年雇用しないといけないが、今回の制度だと忙しい繁忙期のときだけ呼べる。そういった利点がある。」と期待します。2人は繁忙期の10月末まで働きます。