UXニュース

道路が陥没 車の前輪が落ち1人軽傷

県道・寺泊西山線で大規模な道路の陥没が発生しました。通りかかった軽乗用車の前輪が転落し1人が軽いけがをしています。県によりますと、午前8時ごろ出雲崎町船橋を走る県道・寺泊西山線で縦・横およそ2m深さ1.3mにわたって道路が陥没しました。崩れた際、付近を走行していた軽乗用車の前輪が転落し、乗っていた親子2人が病院に搬送されました。この事故で運転していた母親が軽い打撲、1歳の子どもにけがはありませんでした。陥没した現場は橋のすぐ手前で、その橋の側面のコンクリートが経年劣化したことにより土砂が流出したと見られています。県は付近を通行止めにして復旧を急いでいます。。