NEWS

UXニュース

長岡花火をタクシーでPR 

毎年多くの人を魅了する長岡花火の季節が、今年もやってきます。この花火をさらにPRしようと、地元のタクシー会社では、車体に花火のデザインが施されたタクシーを導入しました。長岡市の、つばめタクシーが導入した「長岡花火タクシー」。フェニックスや正三尺玉など、車体には長岡花火の数々が施され、花火のまち長岡を観光客にアピールします。車内に常備されたタブレットでは、長岡花火の情報に加え、観光情報も検索することができますつばめタクシー三輪社長は「長岡空襲からの復興や中越地震からの復興など歴史的背景も知ったうえで花火を知ってもらえるとよりありがたい」と語ります。長岡花火タクシーは1台のみですが、増車も検討しているということです。長岡の花火大会は、8月2日と3日に開かれます。