NEWS

UXニュース

3万本ものチューリップが万代橋を彩る 

新潟市で国内初となるチューリップの商用栽培が始まって、今年で100周年になります。新潟市では、恒例の万代橋チューリップフェスティバルが開幕しました。34回目の今年は、新潟駅前から萬代橋西詰までのおよそ1.3キロを、市内の保育園や学校、企業など420団体が育てた3万1000本が彩ります。まだつぼみのプランターも見受けられますが、来週中ごろには咲きそろい、25日まで新潟の春本番を盛り上げます。