スーパーJ にいがた

中越地震15年 伝えたい教訓⑥ 郷見庵がつなぐ交流

中越地震15年 伝えたい教訓⑥ 郷見庵がつなぐ交流

中越地震で土砂崩れダムに沈んだ長岡市山古志・木籠集落
震災のシンボルの地として、訪れる人々に歴史と教訓を伝えつつ
交流の場にしようと地元住民が建てたのが「郷見庵」です。
15年という月日の中で、水没したという事実すら忘れ去られようとしている現実。
しかし、運営する地元住民は、その歴史を途絶えさせまいと奮闘し、
日々訪れる人をもてなしています。
自治体の協力は乏しく、今後の運営の先行きは不透明。
住民の思いが支える地道な活動が続きます