イベント

【新着】にいがた未来フォーラム2018 開港150周年 インバウンドで開く新たな新潟の未来

【新着】にいがた未来フォーラム2018 開港150周年 インバウンドで開く新たな新潟の未来
概要

新潟県の人口減少、労働力不足は深刻である。こうした中でも、働き方改革をすすめ、企業や街を発展させていかなければならない。一方で、2020年の東京五輪は、日本を活気づける大きな機会である。これをきっかけとして、人口減少社会を負と考えるのではなく、イノベーションのチャンスと捉えたい。新潟港は開港150年を迎える。開港以来、新潟は日本有数の農業県として、北東アジアの玄関口として成長してきた。そしていま、インバウンドマーケットが活況を呈している。新潟もその波に乗り活気づいていけるのか。新たな豊かさを見出すために、活発な議論を展開したい。

開催日時

2018年3月17日(土)午後2時00分~5時00分
(開場午後2時00分 開演午後2時30分)

会場

新潟日報メディアシップ・20Fそらの広場
(新潟市中央区万代3-1-1)

募集人数

160名
(応募多数の場合は抽選となります。当選者の発表は招待券の発送をもってかえさせて頂きます。)

応募方法

下記、申込フォームからの応募。
または、ハガキに郵便番号、住所、氏名、職業、電話番号を記入し下記宛先までご応募ください。(*ハガキは1枚につき、おひとり様の応募になります。)
〒951-8521
UXにいがた未来フォーラム観覧係

応募締切

2月28日(水)

主催

UX新潟テレビ21、新潟日報社

討論テーマ

訪日客を新潟に呼び込むには!?

農業を武器とした観光の可能性は!? 

首都圏の奥座敷になるのは!?

新潟産のうまさ、その魅力を引き出すには!?

そもそも何が外国人にうけるのか!?

メジャーな都市に負けない戦略は!?

討論者

応募フォーム

ご希望のイベント*
郵便番号* 例)951-8521(半角数字)
住所*
例)新潟市中央区下大川前通六ノ町2230-19
氏名*
氏名(フリガナ)*
職業*
電話番号*