EVENT

イベント情報

【好評開催中!】リサ・ラーソン展

【好評開催中!】リサ・ラーソン展
タイトル

創作と出会いをめぐる旅 リサ・ラーソン展

【好評開催中!】リサ・ラーソン展CM

会期

2021年4月10日(土)~6月13日(日)

開館時間

午前10時00分~午後5時00分(観覧券販売は午後4時30分まで)

※休館日 月曜日

(ただし4月26日、5月3日、6月7日は開館)

会場

新潟市新津美術館(新潟市秋葉区蒲ヶ沢109番地1)

観覧料

◆当日券 一般1,000円/大学・高校生800円/中学生以下無料

※有料20名以上は団体料金で2割引。

※新潟県立植物園・新潟市新津鉄道資料館の入館券持参の方は2割引。

※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料。

※2回目のご来場時、本展1回目の半券ご提示で2割引。(リピーター割引)

主催

UX新潟テレビ21、新潟日報社、リサ・ラーソン展2021新潟展実行委員会

後援

スウェーデン大使館

特別協力

リアン・デザイン・ミュージアム

協賛

 

 

備考

スウェーデンの陶芸家リサ・ラーソン(1931-)。彼女が創り出す素朴で温かみのある作品は、世界中で多くのファンを魅了しています。陶芸制作会社のグスタフスベリ社在籍時には、デザイナーとして「小さい動物園」「アフリカ」等の人気シリーズを手掛けたほか、生活を彩るテーブルウェアの制作でも人気を博しました。独立以降、ユニーク・ピース(一点もの作品)などの制作を続け、今年90歳を迎えようとしています。

2018年以来2度目の開催となる本展では、リサ・ラーソンの初期から近年に至る作品約200点のほか、創作にあたり影響を受けた世界各地の諸文化や芸術家たち-北欧のデザイナー、アメリカの陶芸家から日本の陶芸家・濱田庄司ら-の作品20点を合わせてご紹介します。リサが歩んだ創作の旅路と出会いがもたらした軌跡を、多彩な作品を通じてお楽しみいただきます。

作品画像:《ライオン(マキシ)/アフリカシリーズ》製造1968年- ©Lisa Larson/Alvaro Campo