イベント

マリメッコ展 -デザイン、ファブリック、ライフスタイル

マリメッコ展 -デザイン、ファブリック、ライフスタイル
会期

2017年3月4日(土)~6月11日(日)

開催時間

10:00~18:00(※観覧券の販売は17:30まで)

休館日

3月13日(月)、27日(月)、4月10日(月)、24日(月)、5月8日(月)、22日(月)、6月5日(月)

会場

新潟県立万代島美術館

観覧料

一般 1,100円(900円)、大・高校生 900円(700円)、中学生以下無料
前売券(一般のみ)900円※1月13日(金)~3月3日(金)まで
※( )内は有料20名以上の団体料金
※障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料です。受付でご提示ください。

主催

UX新潟テレビ21、新潟県立万代島美術館、マリメッコ展新潟展実行委員会、フィンランド・デザイン・ミュージアム、朝日新聞社、新潟日報社

協賛

こだま印刷、アフタヌーンティー・ティールーム、アークベルグループ ビアンベール、カーテン専門館デコワールド、万代シティ ビルボードプレイス

備考

フィンランドを代表するデザインハウス、マリメッコは1951年、アルミ・ラティアによってヘルシンキで創業されました。テキスタイルデザインを学んだのち、広告代理店で経験を積んだラティアの元へ才能あるデザイナー達が集い、優れたデザインと巧みなPR戦略によって、60年代には世界的なブランドへと成長していきます。マリメッコが生み出す布地の柄は、多くがフィンランドの伝統的なモチーフや自然に着想を得つつ、大胆でカラフル、抽象的なデザインでした。そうした柄の映えるシンプルなカッティングの服は、高い人気を呼びます。その後製品は家庭用品やインテリアにまで展開され、マリメッコは今日、日本を含む世界中で絶大な人気を誇っています。

本展は、ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料などを通して、マリメッコの60年以上にわたる歴史をたどり、個性あふれるデザイナーの仕事ぶりと活躍を紹介する、国内初の大規模な展覧会です。