• 現在のお知らせはありません。

イベント情報EVENT

【前売券は2月1日から販売開始!】Mozu アートワーク -ちいさなひみつのせかい-

イベント名

Mozu アートワーク -ちいさなひみつのせかい-

イベント内容

日常の風景をリアルに再現したミニチュアがSNSで注目を浴び、メディアなどの多方面から取り上げられているアーティストMozu(モズ)こと、水越清貴。
 
Twitter のフォロワー数は約29.5万人、Instagram は約28.1万人など、SNSでも絶大な支持を集めるクリエイターです。(2021年12月末現在)
 
そんなMozu初の展覧会が、ついに新潟で開催!
超精巧なミニチュアに留まらず、コマ撮りアニメ、トリックラクガキなど、多岐にわたる作品を初公開。
写真撮影も可能な、体感型の展覧会です。※一部撮影できない展示もございます。
 
人を驚かすことが大好きなMozuのこれまでの作品群はもちろんのこと、新作・絵コンテ・設計図など、ここでしか見られない貴重な展示の数々をぜひご堪能ください。
 
詳しい見どころはコチラから!▶▶Мozuアートワーク-ちいさなひみつのせかい- 公式サイト◀◀

 

会期

2022年3月12日(土)~5月8日(日)

※休館日:3/15(火)、4/12(火)、4/19(火)、4/26(火)

開館時間

[  平 日  ]午前9時30分 → 午後4時30分
[土日祝日]午前9時30分 → 午後5時

※最終入館は閉館30分前まで

チケット料金

2月1日から前売券販売開始!

 

【前売券】

入館券付
セット券
特別展入場券のみ※
大人
(高校生以上)
1,280円  700円
小人
(小・中学生)
400円  300円

 

【当日券】

入館券付
セット券
特別展入場券のみ※
大人
(高校生以上)
1,380円  800円
小人
(小・中学生)
500円  400円

 


※特別展入場には入館券(大人580円/小人100円)が必要です。

●当日券は自然科学館でのみ販売です。

●平日限定サービス
平日に限り、入館料が無料/割引になるサービスです。
当サービスをご利用になる場合は、当日窓口での手続きが必要です。

主催

「Mozuアートワーク -ちいさなひみつのせかい-」新潟実行委員会
(新潟県立自然科学館、UX新潟テレビ21)

監修

MOZU STUDIOS

企画制作

サンライズプロモーション東京

運営協力

「Mozuアートワーク -ちいさなひみつのせかい-」制作委員会

プロフィール

Mozu / 水越 清貴
Kiyotaka Mizukoshi

1998年7月生まれ。
東京都立総合芸術高等学校映像メディア表現卒業。
コマ撮りアニメ、ミニチュア、トリックラクガキという3つの分野で活動するマルチアーティスト。
高校2年生の時に自分の部屋をミニチュアで再現し、それが「本物にしか見えない」とTwitterで拡散され、テレビやメディアから取材を受ける。同年、全てを一人で作ったコマ撮りアニメ「故障中」がアジア最大の映画祭「DigiCon6」JAPAN Youth部門の最優秀賞を受賞。高校卒業後は大学へは行かずに個人事業主となる。その間に、1冊目の作品集「MOZU 超絶精密ジオラマワーク」の出版。コマ撮りアニメ「ひつじのショーン」のスタジオ見学をするため単身渡英。ウェス・アンダーソン監督作品、映画「犬ヶ島」の制作に参加するため再び渡英。など、世界規模で活動。
2018年、「超リアルに描いた三角定規」が本物にしか見えないと大きな話題になり、クラウドファンディングを利用してトリックラクガキ30点を収録した「NOUTO」を制作。全国の東急ハンズやヨドバシカメラでも販売された。同年、Netflixで公開されたコマ撮りアニメ「リラックマとカオルさん」の制作に参加。
2019年、同い年のデザイナーYuukaと「株式会社MOZU STUDIOS」を起業。「スターバックス」、「ドラゴンクエスト」、「クレヨンしんちゃん」、「かいけつゾロリ 」といった大手コンテンツとのコラボ作品を制作。また、日清ヨークの「ラ・フランス乳酸菌飲料」、Meijiの「きのこの山のこ」のパッケージデザインを担当するなど、ミニチュアに限らず多方面でも活動。
2021年、世界で最も歴史のある広告賞「ADC賞」を主催する広告美術団体「アート・ディレクターズ・クラブ(ADC)」によって1996年に創設され、現在は非営利団体「The One Club」と「ADC」が合併して設立した「The One Club for Creativity」が主催する、有望な若手クリエイターに贈られる「NY ADC Young Guns 19」を受賞。
プライベート作品でも、「こびとの秘密基地」をはじめとする「こびとシリーズ」や、「何でも巨大アートになる美術館」、コマ撮りアニメ「Hi Tiny」など、話題作を次々に発表している。

備考

新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力ください。

ページのトップへ