• 現在のお知らせはありません。

2024年04月16日(火)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.03.25「横断歩道」で相次ぐ事故 県が「止まってキャンペーン」【新潟】

「横断歩道」で相次ぐ事故 県が「止まってキャンペーン」【新潟】
2月には新発田市で児童がはねられる事故(当時の現場)
県内で信号機のない横断歩道で車が一時停止する割合は全国平均を大きく下回っています。さらに横断歩道上の事故が相次ぐなか、県は「止まって!横断歩道キャンペーン」を4月から実施します。

一般社団法人日本自動車連盟のまとめによりますと、信号機のない横断歩道を歩行者が渡る際に車が一時停止する割合は、2023年のまとめで全国平均が45.1%だったのに対し、県は23.3%と低迷しています。
また、県警のまとめによりますと、2023年に事故で亡くなった歩行者は55人。そのうち横断中の事故が15人でした。

さらに2024年に入ってからも横断歩道上で児童が車にはねられる事故などが相次いでいます。
そこで県は横断歩道での一時停止をさらに強力に呼び掛けるため「止まって!横断歩道キャンペーン」の実施を決めました。
春から冬にそれぞれ実施される交通安全運動などに合わせて、「横断歩道は歩行者優先」であることを広く呼びかけ、横断歩道での事故防止の意識向上を図ります。
ページのトップへ