• 現在のお知らせはありません。

2023年01月30日(月)本日の番組表

UXニュースNEWS

2023.01.24【今季最強寒波】降雪強まり影響拡大 国道・高速道路の同時通行止めも【新潟】

【今季最強寒波】降雪強まり影響拡大 国道・高速道路の同時通行止めも【新潟】
村上市大須戸(24日正午過ぎ)
県内は午後から一気に降雪が強まりました。北陸地方整備局などは国道と高速道路の同時通行止めに踏み切りました。

午前中は晴れ間ものぞいていた妙高市。しかし、午後になると…

■記者リポート
「水分を含んだ細かい雪が。道路も白くなっていきます」

またも襲来した寒気。今シーズン最強、あるいは10年に1度とも言われています。

■住民
「今回の寒波は覚悟していた。今まで間が空いたから(雪が)消えたり積もったりしていたから」

降雪は一気に強まり、新潟地方気象台によりますと午後5時までの3時間降雪量は
妙高市関山で18cm、上越市安塚で14cm、津南町で6cmとなっています。

■記者リポート
「雪が吹雪いている村上市内の国道7号、大須戸チェーン着脱場です。20分ほど前から除雪作業のための通行止めが始まっています」

村上市を通る国道7号はおよそ15kmにわたって集中除雪のため一時通行止めになりました。寒波に備え、ネクスコ東日本などは国道と高速道路の広い範囲で通行止めになる可能性があるとして、不要不急の外出を控えるよう呼び掛けてきました。

■秋田へ向かうドライバー
「国道が通行止めになると思わなかった」
「大変だけど自然のことだから仕方ない」

国道7号の通行止めは午後2時に解除されました。

一方、午後3時からは上越市から富山県にかけての国道8号と、上越市から妙高市にかけての国道18号が、同じく集中除雪のため通行止めとなりました。並行して走る北陸道と上信越道の一部区間も通行止めとなり、国道と高速道路の同時通行止めとなりました。

また、JRは計画運休としてきょう午後から在来線を順次運転見合わせました。あすも一部で運転見合わせが計画されています。

波風とも強まり佐渡汽船や新潟空港では午前の一部の便を除いて欠航しました。

寒気のピークは25日にかけてとみられています。
25日午後6時までに予想される24時間降雪量は、最大で平地で60cm、山沿いで90cmです。
関係機関は引き続き不要不急の外出をを控えるよう飛びかけていて、気象台は25日にかけて高波や暴風雪への警戒、
また路面の凍結や水道管の凍結、ふぶきによる視界の悪化などに注意を呼び掛けています。
ページのトップへ