• 現在のお知らせはありません。

2024年04月16日(火)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.03.22【原発再稼働は】資源エネルギー庁が地元行脚 自治体「理解」も市民の「不安」【新潟】

【原発再稼働は】資源エネルギー庁が地元行脚 自治体「理解」も市民の「不安」【新潟】
資源エネルギー庁が地元行脚
柏崎刈羽原発の再稼働に向けて、地元の理解を得るべく、21日、資源エネルギーが地元を訪問しました。

柏崎市と刈羽村は、資源エネルギー庁の山田仁政策統括調整官が訪問し、再稼働への理解を求めました。
桜井市長は、市や国のエネルギー事情にとっても「原発の再稼働は意義がある」と伝えた上で、能登半島地震が発生し、複合災害時の屋内退避などについて市民から不安が高まっていると指摘しました。

■柏崎市 桜井市長
「色々な方々の意見を伺いながら国や東電の返事を得て最終的に『再稼働どうぞ』という返事をさせて頂きたい。」

刈羽村の品田村長は、再稼働に賛成する立場を示したうえで「原発の必要性と安全性について、もっとしっかりと国民に伝えるべき」と求めました。

■刈羽村 品田村長
「今回、二元代表制の村民のそれぞれの代表機関の考えが示されてそれが揃ったということから村としては、再稼働していいですよ、反対する者ではないとはっきりした。」

また、柏崎市議会では、同じ日、早期の稼働を求める請願が21人中16人の賛成で採択されました。地元の商工会議所など6つの団体が経済の活性化につながるとして国や県に働きかけるよう求めていました。
ページのトップへ