• 現在のお知らせはありません。

2024年07月20日(土)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.07.08【夏の高校野球|新潟大会】2回戦屈指の好カード 主導権握った新潟産大附属が公立校唯一のシード校・六日町に勝利(新潟産大附属-六日町)

【夏の高校野球|新潟大会】2回戦屈指の好カード 主導権握った新潟産大附属が公立校唯一のシード校・六日町に勝利(新潟産大附属-六日町)
新潟産大附属 9-1 六日町
5日に開幕した夏の高校野球・新潟大会。8日は大雨のため、予定されていた2回戦8試合は順延となりました。7日に開催された試合ではシード校が続々登場し、柏崎の佐藤池球場では、公立校唯一のシード校・六日町と、新潟産大附属が対戦しました。

7日に対戦した2回戦屈指の好カード。新潟産大附属―六日町。
産大附属が序盤からリードを奪う展開になりました。2回、1アウトランナー2塁で8番・宮田の一打。ライトへのタイムリーで先制。さらに、2アウトランナー2塁で1番の平野は左中間を破るあたり。平野は3塁を回り、ホームを狙いますが、タッチアウト。それでも産大附属が鮮やかな先制攻撃で2点を先制します。

対する六日町の反撃は4回、ヒットで出たランナーをバントで送り、4番の岡崎怜がスリーベースヒット。1点を返します。さらに同点のチャンスでしたが、産大附属のエース・宮田は六日町の後続を絶ち、1失点で踏ん張ります。

産大附属は5回に1点を追加。さらに7回、1・2番コンビの活躍で1アウト2・3塁のチャンスを作ると、3番・高橋のライト前ヒットでランナー2人が生還。シード校・六日町を突き放します。産大附属は、試合終盤も主導権を渡さず六日町に打ち勝ち、3回戦進出を決めました。

■新潟産大附属 平野翔太主将
「この一週間でしっかり調整して今日の試合以上の試合運びをしたい。」
ページのトップへ