• 現在のお知らせはありません。

2024年02月22日(木)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.01.22【復旧作業】2月中旬にも通行止め解除へ 上越市茶屋ヶ原・国道8号 地震による土砂崩れ 撤去進む【新潟】

【復旧作業】2月中旬にも通行止め解除へ 上越市茶屋ヶ原・国道8号 地震による土砂崩れ 撤去進む【新潟】
国道8号 茶屋ヶ原の復旧作業 21日
能登半島地震による土砂崩れで通行止めが続く上越市茶屋ヶ原を通る国道8号について、北陸地方整備局は2月中旬にも通行止めを解除できる見通しとなったことを明らかにしました。

上越市茶屋ヶ原を通る国道8号は、能登半島地震で道路わきの斜面で大規模な土砂崩れが発生し、約3kmに渡って通行止めとなっています。土砂の撤去作業が続く中、9日に大きな余震が発生し、新たに土砂崩れが発生する恐れが高まり、現地では対応に追われていました。
北陸地方整備局高田河川国道事務所によりますと、これまでに、斜面上部と中部は、崩落する恐れがある土砂などを撤去し、作業を完了。今後、道路上に残った土砂の撤去と、安全確保のための応急措置を進めることになり、順調にいけば、2月中旬に通行止めを解除できる見通しとなったということです。
詳細な日程は、今後の作業の進捗を見ながら検討するとしています。
この国道8号の通行止めの間、代替路として、付近を並行して走る北陸道と上信越道の一部区間を通行無料とする措置が続いています。
ページのトップへ