• 現在のお知らせはありません。

2024年05月23日(木)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.04.23【新潟グルメ】“甘み”と“うま味”がアップ!お家で簡単♪塩麴作り&麹を使った絶品料理【新潟・東区】

【新潟グルメ】“甘み”と“うま味”がアップ!お家で簡単♪塩麴作り&麹を使った絶品料理【新潟・東区】
いろんな「麹」が手作りできちゃう!
新潟市東区にある「おうち発酵教室mamano」。
2021年に講師の川嶋さんが自宅にオープンした、お家で簡単にできるパン作りや麹(こうじ)の料理教室です。

まずは基本の「塩こうじ」の作り方を教えてもらいます。
材料は、米こうじと塩、そして水。麹100gを袋に入れてバラバラになるまでほぐしたら、消毒した容器に入れます。そこに塩25gと水100gを入れて綺麗なスプーンなどで混ぜます。常温で保管し、1日1回混ぜます。約1週間、全体的にとろっとしたら「塩こうじ」の完成です。

酵素の力で“ブドウ糖”や“アミノ酸”に変化し、甘みとうま味になります。お家で意外と簡単に作れ、塩こうじを使った料理は“甘みやうまみがアップ!”し、お子さんにも喜ばれます。

その「塩こうじ」を使ったおすすめのメニューが「絶品チャーハン」!
フライパンにごま油をしき、溶き卵とご飯をいれて混ぜ、さらに細かく刻んだねぎを入れ炒めます。そこに味の決め手となる「塩こうじ」を1合に対して大さじ1.5杯を入れてさらに炒めたら完成です。
お米の輝きを保ちながら、パサつきのないしっとりパラパラのいいとこどり。塩こうじだけの味付けですが、とまらない美味しさです。

他にも、洋食に使える玉ねぎ・ニンジン・セロリが入った「コンソメ麹」や、唐揚げにおすすめの「玉ねぎ麹」、中華や韓国料理に使える「麹コチュジャン」から、麹を使った「ドレッシング」や「マヨネーズ」も作れちゃいます。

塩こうじ・甘酒・豆乳で作る植物性の材料でできた“マヨネーズ”の味は、マヨネーズのコクと酸味をしっかり感じるのに普通のマヨネーズより軽く感じるため、山盛りにつけても罪悪感無しです。
麹を使った料理は他にも、「塩肉じゃが」「塩つくね」などバリエーションは無限大です。

子ども連れでの参加も大歓迎の「おうち発酵教室mamano」。では、塩こうじの作り方と、塩こうじを使ったメニューが学べる講座もあります。

■おうち発酵教室mamano
新潟県新潟市東区松和町
最新情報はInstagramまで
ページのトップへ