• 現在のお知らせはありません。

2024年07月19日(金)本日の番組表

UXニュースNEWS

2024.07.02【新紙幣・発行前夜】飲食店の苦悩-券売機更新が追いつかず両替の手間が【新潟・長岡市】

【新紙幣・発行前夜】飲食店の苦悩-券売機更新が追いつかず両替の手間が【新潟・長岡市】
20年ぶりに新紙幣発行
3日に、20年ぶりに新しい紙幣が発行されます。県内の飲食店では、前日になっても新紙幣が使える券売機への更新が間に合わない飲食店もあり苦慮しています。

日本銀行は、渋沢栄一などがデザインされた新紙幣を3日から発行します。
一方で、飲食店では対応に苦慮しています。

長岡市のラーメン店「壱真」。にぼしでダシをとった、あっさり系の醤油ラーメンが人気です。
注文に券売機を使っていますが、新紙幣には対応していないためメーカーにシステムの更新を依頼していますが、まだ完了していません。

■壱真 吉田竜也代表
「メーカーとの打ち合わせで順番待ちという形で、まだ対応していただけていない。」

メーカーに注文が殺到しており、更新は7月下旬の予定。それまで、新紙幣で支払う客には旧紙幣と交換して対応するといいます。

■壱真 吉田竜也代表
「(両替は)大きな手間になるので、難しい部分がある。(混雑時は)お待ちいただく場面も出るが、十分対応する。」

券売機の更新料は、約16万円。材料の値上がりや光熱費の高騰が続く中で、店にとってはさらなる負担に・・・代表の吉田さんは頭を抱えています。しかし、価格の値上げはなかなかできないといいます。

■壱真 吉田竜也代表
「1000円以内でラーメンとチャーハンを一緒に食べていただきたいので。客からも1000円以内という声がある。」

20年ぶりとなる新紙幣の発行。対応はまだ道半ばの中、流通が始まりそうです。
ページのトップへ